日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

86の燃料ポンプ交換

いやぁ~、今日も雪降ってきちゃいましたね。。。
さっき11過ぎに帰る時にはこんな感じで積もってました。

それにしても今年は雪降るなぁ~。去年なんて一度も積もらなかったのに・・・

あぁ~そう、今日はお客様の86の燃料ポンプ交換をしてました。

走行中にエンジンが止まってしまったとのご連絡で、先日引取りに行ってきた86です。

原因を探ると、火花は飛んでいるが、燃料が来ていない事が判明。
燃料ポンプまでは電気はきているが、ポンプがまったくウンともスンとも動いていない。
お客様に、原因をお伝えして作業開始です。


燃料タンクを降ろし、ポンプを確認すると、今までに交換した形跡は無く、ご覧の有様。。。
生電流しても、やはり動かず。


交換となる訳ですが、ウチでは燃料ポンプ交換の場合はFC用純正ポンプを使っています。
ご存知の通り、86の定番流用品ですね。
86ノーマル吐出量は80L/h。FCポンプは145L/hになります。
86には、今後のエンジンチューニングを視野に入れても十分な容量です。


FCポンプを86のブラケットにつけた状態。
ほぼ、ボルトオンで装着可能です。
でも、交換時いつも思いますが、使うのはFCのポンプのみ。
FCの燃料ポンプを注文するとブラケットごとASSYでくるので、ブラケットは新品なのにいつもゴミになります。
ポンプだけ出れば良いのに、出ないんすよね。。。トホホ・・・


全て、作業完了し、燃料漏れなど無いか最終確認。
エンジンの調整をし、試走して作業完了となりました。

明日納車ですぅ~。
でも、雪だし大丈夫か心配・・・


あっ!後、この86はウチで下廻りを専用の防腐塗料で塗装してあるのですが、ご覧の通りサビなど出ていなく、非常に良い状態をキープしてます。

長く、大切に乗りたい方にはお勧めの作業ですよ!
塗装するに辺り、下廻りの部品は全て外しての作業です。
隅々までキッチリ塗装します。
耐久性や防腐力は簡易的なシャーシーブラックやアンダーコートなどの防腐塗装などとは比じゃありません。
ご希望の方はお問い合わせください。



そして、今日の社長・・・
朝から、今日は事務所の中で。
外は寒いから中でやってるみたい。



一人黙々と作業してましたよ。
チラッと見えるのが作った内張りです。
明日辺り、KPにつけるんじゃないかなぁ~。