日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

M型エンジンOH②

クラウンから降ろしたM型エンジン
補機類を取り外し、エンジンを分解していきます

エンジン(機械)物は嘘つきませんので、どのうような状態だったかがおおよそ分かるので正直、楽しみな作業でもあります

まず外観はから
やはりヘッドガスケットからのオイル漏れが気になりますね


共にオイル通路がある箇所が漏れが酷いので、ガスケットのシール性が無くなってるのでしょうね
昔のヘッドガスケットは主にアスベスト(紙)製が使われてました
昔は今ほどエンジン精度も良くなく、辺り面が歪みや肌の荒れていることもしばしば
アスベスト製や紙製のガスケットは多少の歪みにも対応出来て密着性が良い点
しかしながら欠点も有り、やはり耐久性は劣ります
その為、仕方ない事ですが長く使うとオイル漏れ、滲みなどが発生してしまいます



と、まぁまずはカムカバーの取り外し

ヘッドは過去に開けた形跡ありですね
オイルスラッジから見ると、オイル交換はしっかり行っていたようですね

次はヘッドを降ろします

ヘッドガスケットを確認すると、やはりオイル通路のシールが弱ってオイル漏れしてました


ヘッドボルト自体も、ボルト穴も錆だらけでした

これでは、組み付け時に正確なトルク管理が出来ないので、タップ・ダイスでねじ山の立て直しが必要ですね

そして、燃焼室
3番と5番の燃焼室が他の気筒と違い湿っています

ここでエンジン不調の一つ目の原因が分かりました
3番シリンダーの燃焼室を見ると・・・

排気バルブにクラックが入り溶けて変形しています

これでは完全に圧縮漏れを起こしていますので、1発死にかかっていたような症状はこれが原因ですね

シートリングのアタリも1番以外、IN/EX側共に全てダメでした
正常であれば、アタリ面は光っているのですが、全て黒く煤けてる状態

その為、シリンダーヘッドはヘッド面修正研磨にシートカット
バルブは手に入らないので、新規制作が必要ですね


何故、このようになったか?
シリンダーブロック側の分解と合わせてまた後日・・・





Racing Service YASU ~total tuning proshop~

栃木県にあるチューニングショップ「レーシングサービス・ヤス」の公式HPです 4AGをメインにオーバーホールからチューニングエンジン、また国産旧車エンジン修理・チューニングも対応致します ボディーワークも行っており、全ての作業を自社にて一貫して行えます