日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

ピストン棚落ち、油膜切れ

ちょくちょく、遠方よりエンジンのオーダーを頂きます

今回は福岡からご依頼のエンジンです
リビルトエンジンのご依頼でした

ただ、今回はリビルトエンジン+エンジン修理という内容になりましたが・・・
稀にこのような事があるのでアップします


エンジン到着後、スタンドへセットし分解・点検を始めます

分解する前から排気・吸入ポートを見て嫌な予感はしたのが本音

カムカバーを開けて

お世辞にも状態は良くなく、スラッジも溜まり気味

ヘッドを降ろし

かなり湿っている燃焼室。完全燃焼してない証ですね
正常であれば、乾いた状態の燃焼室のはず

ピストントップのこんな感じでぐっちょり


エンジンをひっくり返し・・
この時、オイルパンの中で「カラコロ~ン」と音が・・・

鉄粉ギラギラオイルがたっぷり

ストレーナーには・・・
音の原因はここについていた破片でした

ピストンのオイルリングの破片がついてます
棚落ち決定ですね

シリンダーブロックも分解していきます


やっぱり・・・

3番ピストン棚落ちです
しかも、ピストンの状態をみるからに、この状態で走っていた感じですね

おまけにクランクシャフトも・・・


メタルは縮まり、張り付き、焼き付き寸前でジャーナルは傷だらけ
完全に油膜切れです

棚落ちしたまま走行しオイルが燃えて、オイル量が低下
結果、規定量のオイルが回らず油膜切れといった所でしょうか

この状態であれば、エンジンから異音もするでしょうし、何よりマフラーからかなり白煙も出てたと思います
今回のようなエンジンも修理は可能ですが、修理代が追加になり結果高くついてしまいます
心当たりのある方は早めの対応をおすすめします

Racing Service YASU ~total tuning proshop~

栃木県にあるチューニングショップ「レーシングサービス・ヤス」の公式HPです 4AGをメインにオーバーホールからチューニングエンジン、また国産旧車エンジン修理・チューニングも対応致します ボディーワークも行っており、全ての作業を自社にて一貫して行えます