日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

スポット増しのメリット&室内塗装

順調に進んでおりますよ
GT86 こちらの作業もね

今回は開口部のスポット増しです


ボディーの形状上3ドアより2ドアの方が元々のボディー剛性は高いですがやはり開口部が大きい所は剛性が落ちます
それをこのスポット増しで剛性が落ちる箇所を補強する訳です

街乗りメインでサーキットを走る訳ではないのでスポット増しは必要無いんじゃないか?
とよく質問されますが実は街乗りメインの車の方が十分に効果を感じる事が出来ると自分は思います
スポット増しを行った事でボディーのヨレが少なくなり剛性が上がりますのでハンドリングがクイックになったり車の挙動が素直になったり
またボディーのヨレで発生するキシミ音なども減少します

でもこんな事を書かれてもいまいちイメージが沸きませんよね
そーですねぇ 分かりやすく言えば・・・

86にロールバーをつけてる人、過去につけていた方は結構?(今まで当社に入庫した86を見て経験上)いると思います
ロールバー自体、サーキット走行などで安全面を優先してつける人が多いです
しかしながら同時にボディー剛性も上がるパーツですよね
ピラー止めをしてる方は尚更剛性も増しますよね

その時、ロールバーをつける前とつけた後で車を運転してどうだったでしょうか?

う~ん!ロールバーがついて室内がレーシーになった!とかの外見上の話は別ですよ(笑)

車の挙動の話ですよ(笑)

車の挙動の変化に気づいた方も多いと思います

簡単に言えばそれがスポット増しを行った状態に近いと思います

もちろんサーキット走行をする方は安全を考慮してロールバー装着をすすめます
事故を起こしてからでは遅いですから・・・

しかしながら街乗りのみの使用でロールバーを装着している方はあまり見かけません
事故などの安全面を考えれば装着しても損は無いパーツですが実際は定員乗車の問題や乗り降りのしづらさ窓の開け閉めしづらいし室内空間も狭くなるので・・・

そこでスポット増しのメリットが出る訳です
今まで通りに外見は変わらず剛性アップですからね

興味ある方は全塗装と同時にどうですか?






長くなりましたがスポット増し作業が終わって室内の塗装作業に移ります

表面に錆が浮いてるところは錆を除去後に錆止め剤を塗装してから本塗装へ入ります
必要箇所にはシーラーもまわします




さすがに塗装中は写真が取れないので塗装後です





もちろんエンジンルーム同様にクリア仕上げです
新車以上の綺麗さになりましたね
カーペットを敷いて隠れてしまうのが勿体ないぐらいですしトランクルームなんてスペアタイヤも置く気にもなれません(笑)


こんな感じで室内塗装も終わったので次の作業は下廻りの防腐塗装です

Racing Service YASU ~total tuning proshop~

栃木県にあるチューニングショップ「レーシングサービス・ヤス」の公式HPです 4AGをメインにオーバーホールからチューニングエンジン、また国産旧車エンジン修理・チューニングも対応致します ボディーワークも行っており、全ての作業を自社にて一貫して行えます