日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

エンジン降ろし

先日引き取りに行った86のエンジンを降ろしました。



走行中にプレッシャーセンサーの脱落によりオイルが吹いてエンジンブローしてしまったようで今回新規エンジン制作となりました。

ここに有るはずのプレッシャーセンサーがエンジンルーム下に落ちてたようです・・・

完全な油膜切れによってのブローなのでエンジン自体は再使用不可で当社では経験上中身の想像は出来るのですがお客様の為に中身の状況説明をするのでエンジンも分解します。



予想通りですが・・・


メタルの金属片がすごい

エンジンは完全にロックしてました


ロックしてクランクが回らないのでピストン・コンロッドをバラすのが大変でした


メタルが・・・





特に3番は酷い状態でした。

一通りエンジン分解も終わったので後はお客様への説明待ちです。

エンジンルームもオイルを吹いて汚れてしまったのでサービスで洗浄しました。




せっかく新規エンジン載せるのにエンジンルームが汚いままじゃ気分悪いですからね

ではW様お待ちしております