日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

85改86 ボディー塗装

今年の春は風が強いですねぇ~
ってか、ほぼ毎日のように風が吹いてるし、気温も真冬に逆戻りの日なんかもあって体調管理には気を付けたい所です。


さて、85改86もようやくボディー塗装に入りました。

ここも定番箇所ですが、シールの入れ替えです。
大概の86はこんな感じでシールもひび割れを起こしていますよね。
この程度ならまだしも、ひどくなるとパネルの繋ぎ目から水が入り込み、雨漏りします。
雨漏りならいいですが、そのままにしておくとサビが発生し取り返しのつかない事もあるので、全塗装の際は一緒にシール入れ替え作業をおすすめします。

まず、この純正のシールを剥がすわけですが、これが何気に大変なんですよ。

ひたすら地味~な作業が続き、こんな感じで剥がしていきます。



剥がし終われば、サビ止めを塗布し、新しくシールを入れなおします。





ボディーも塗装し終わりました。


こう塗装してみると、15ミリワイドフェンダーにしてありますが、純正の感じを崩さずに加工してあるのが分かるかと思います。


メインのボディー塗装が終わりましたので、次はドアやらボンネットやらリアゲートやらを塗装したいと思います。