日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

85改86 エンジンルーム塗装編

ようやく春の訪れを感じる4月ですね~

うちの方では、花粉散布?もそろそろ終わりそうです
そして、桜がちょうど満開となりました!
でも、今日、明日の雨で散ってしまわなければいいのですが・・・

花見をするなら、「今でしょ!」(笑)



さてと、85改86の作業模様です。

定番のエンジンルーム塗装です。
せっかく、外装を綺麗に全塗装しても、エンジンルームを開けると、汚っ!
ってのも悲しいですので・・・
予算に余裕が有るのであれば是非おススメしたいプランです。


エンジンルームの部品を外した所です


まぁ、普通の汚れ具合って所ですかね

ストラットの付け根も最近では多い錆の発生ポイントですね

まだ軽傷ですね
ブレーキオイルを甘く見てはいけません!

下処理をしながらエンジンルームの洗浄も行います

今回はシールの状態が良くなかったので、すべて打ち替えとなりました。

錆の処理も行います

軽傷でしたので、錆を除去してしっかりと錆止めを塗ります

当社の場合、新しいシールは純正のようにこってりとは塗りません。



しっかりパネルの合わさり目に押し込むように、入り込むように、この量で充分役割を果たしますし、この方が仕上がりも綺麗です
純正のように、もっこり、こってり塗るのは見た目も悪いですからね。私は嫌いです。


さぁ、下処理も終わり、マスキングをして塗装です

ボディー同色での塗装です
仕上がりはご覧の通り



気持ちいいですね!
ねっ!このシールの打ちかたの方が仕上がり綺麗でしょ?
当社では、エンジンルームもしっかりクリア塗装をしてるので、もちろんですがツヤツヤです!
ツルツルな分、汚れも落ちやすいですしね!




■劇的ビフォー・アフター!■

ビフォー


アフター




さて、次は下廻りの防腐塗装編でもかきますかね!