日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

クーラント漏れ修理


以前に、ウチで仕上げた黒銀86。



今回、室内の足元にクーラントが漏れるとの事で修理依頼。


よくある修理じゃないけど、たまに見かけますね。
この手のクーラント漏れ。

バルクヘッドのヒーターホース付け根のクラックで漏れるのが大半です。
ヒーターコアが真鍮でパイプがロウ付けしてあり、28年前の部品ですから弱いようです。

早速、ばらしてみました。

こんな感じで全部外すので面倒です。

で、これが問題の部分。



さらにばらして、これがヒーターコア。



ほら、クラック。

と、思いきや、水圧かけて漏れ箇所を調べた所、違う場所で漏れてました。
大体はココなんだけどね。


フィンの間から漏れてました。
これじゃ修理不可能。

なので、ウチのストック品と交換しました。


念のため、パイプの接合部は新たにロウ付けし直して完璧。



元通り組み付けて、試走して漏れ無しかチェック。

もちろん、問題なしで修理完了です。


皆さんの86は大丈夫ですか?
少しでも室内がクーラント臭かったりすると、危険信号ですよ。

オーバーヒートしてエンジンおしゃかにする前に点検しましょう。