日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

久しぶりぶりの渓流釣り♪


月に一度の日曜休み。


友達と渓流行ってきました。

前日に作戦会議中。

俺「どこ行くべ?」

友「チョット前に大水出た、只見方面なんてどぅ?」

俺「ばっきゃろ~!大水どころの話じゃあんめよ!」

友「だから行くんだべよ。」

俺「んん~・・・・」

友「水引いて、でっかいの釣れっかもよ?」

俺「行くべっ!!」

デカイの一言で即答してしまう、アホな俺でした・・・(汗)



ってなことで、夜の0時に出発。

心の中では、ジムニーだし狭いし、遠いなぁ~なんて思いながら。
だって、今までに行く途中で何回挫折したとこか・・・

只見方面へ向かうと、水害の凄まじさが見えてきて・・・


こんなの序の口。
道路はボコボコ。家は倒壊。道路は砂・砂利が凄いこと・・・
終いには、橋が流されてない・・・
新潟と福島の県境の橋も無し。まぁ、これば事前に分かってたことなんだけど。

なんかこんな状況で釣りに来て、微妙な気持ち・・・

山は相変わらず綺麗だけど・・・



沢に下りてみて、びっくら仰天!


ここ、森の中なんですけど・・・

川の流れがすっかり変わってしまった。

ここ、前は平坦な川だったんですけどね。



すっげ~流木。

人がちっちゃいんじゃないからね。

少しの間、自然の恐ろしさに呆然としてしまいました。


さて、釣りをしよう。


ポイントを流すと、すぐヒット!

はぁ~?ハス。。。(ザコ)
何だよ、幸先良いスタートだと思ったら。

水は凄くクリア。

クリアと言う事は釣りにくいtも言えるんだけどね・・・

次こそは!とポイントへ。

アタリが!!。
じゃ~ん!

やっと、岩魚に出会えました。
ちっちゃいけどね。真っ白で完全放流物かな。

友達も釣ってます。

渋い顔だね~!サイズもまぁまぁだね~!
もちろんイワナの事ですよ!


何度見ても、岩魚って飽きないよな~。

場所・川によって皆違う顔・体してるし何とも言えない楽しさがあるもんね。
って思うのは、俺ら2人だけか!?(ワラ)

そして、釣り上がる事、数時間。
核心部へ!


しか~し!アタリ無し・・・

なんでよ????
こんな1級ポイント!

もう先に釣られちゃったか?


なら、更に奥地へ。
岩盤を登り・・・



落ちれば命無し・・・な感じ。



ここも1級ポイント!


しかし、アタリ無し。

何だか、奥へ行けば行くほどアタりが遠のく。
魚の走る姿も見えない。

釣られてしまったのか?
それとも大水が出て魚も警戒してるのか?
確かに、昨日かと思われる真新しい足跡は無数にあったのだが・・・

どちらにしても、この先進んでも釣れなさそうなので竿納となりました。

せっかく、ここまで来て思ったほどの釣果でなく残念でした・・・

禁漁までにあと1回は渓流にまた行こうかと思います。