日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

K6A 720㏄搭載

ジムニーに積みましたよ!

K6A720cc仕様エンジン。





■エンジン詳細■
●ヘッド
バルブポリッシュ
ワークスRカムシャフト
ポート研磨
燃焼室加工

●シリンダー
71ミリオリジナル流用ピストン


コンロッド加工(側面加工・重量合せ)


クランクシャフト ウエイト形状変更加工 バランス取り



●その他
タービン HT07-4E
エクセディー 強化クラッチ(ウルトラファイバー)
純正フライホイール軽量加工
260ccインジェクター(余裕みて380ccが欲しい所)
スズスポN2ECU+トラストe-manage

ジムニーにエンジンを載せて、いよいよ始動。

クランキングしてオイルを回し、火を入れると難なく1発始動。
ノーマルには無い、図太いエキゾースト音が、排気量UPの証。
エンジン調整して、有る程度の燃調補正も行い試走へ。

走り出した瞬間に感じる、トルク感。
空燃費計とにらめっこしながら走るも、すごく乗り易い。
アクセルをあまり踏まなくても、グイグイ走る。
660には無い、この乗りやすさ。

今の仕様でタービンは、皆さんご存知の流用タービンHT07が付いているのですが
ノーマル660でHT07を回すと、なにより下のトルクが細い。
4000RPM以上になれば、一気にレッドゾーンに飛び込む性能を持ってるけど、低回転メインの街乗りではちょっと扱いにくい感があった。
ましてや、A/Cなんて入れた時には、更に下のトルク不足で、信号待ちからスタートした時はノーマル軽にも軽々と抜かされる始末・・・

まぁ、元々は1000ccクラスのエンジンについてるタービンだから仕方無いけどね。

しかし、720にしたことで、トルク・排圧も上がり、見事に下からタービンが回るようになりました。
その為、下を犠牲にせず、低回転から高回転までストレスなく回るようになりました。

660ノーマルって、タービンが小さいから下は良いけど、上は頭打ち感があって回らないでしょ?
で、HT07に変えると、下はダメだけど、上は良い。
720は、その両方の良いとこどりで、さらにトルクUP。

ねっ!魅力的でしょ?

720でHT07タービンの相性は抜群だと思います。



K6Aオーナーで、720cc化に指くわえて見てた方!
高価で720cc化を諦めていた方!

気になる方はお問い合わせください。
お力になりますよ!



Racing Service YASU ~total tuning proshop~