日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

手を焼かせるサニトラ君。

やっと、サニトラの作業も完了しました!

いやはや、手の焼けるサニーでしたね。。。

なんでかって?

だって、エンジン組んでいくらも時間たってないのにオイル漏れでしょ。
あっ!ウチで組んだエンジンじゃないからね。

エンジンかけて、タペットの音が酷くて調整もしたでしょ。

測ってみれば、全部のクリアランスばらばらだもん。
ほんとに調整したんすか?って感じ。

キャブなんて・・・
見てよこれ!

何が言いたいか分かる?

ポンプジェットにシール剤塗って閉めてるし。

多分、ガソリンが漏れるから塗ったんだろうけど、普通ならOリング交換でしょ?
ってか、その前にシール剤なんて絶対塗らないし・・・

おかげでポンプジェットはこの有り様。

こんな詰まってたら不調になって当然。
もちろん、全部綺麗にして、Oリング交換して組みましたよ!

MSDやら、フルトラデスビとか付いてるんだけど、それも配線がゴチャゴチャだったから綺麗に引きなおしたりと・・・
ヒートプレート作ったり・・・


最後にようやくキャブ調整ですよ。




んでもって、完成しました。

でも、社長の本音はエンジンが気に入らない様子。
壊れてる訳じゃないけど、せっかくエンジン作ったのに、この組み方はもったいないってさ。

やっぱり、エンジンって組む人でフィーリングとかパワーの出方とか決まるし、ちょっとした加工とか組む時のちょっとした気遣いでも全然違うエンジンにもなるからね。

そういう事を言いたかったんでしょう。