日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

ブレーキキャリパー オーバーホール

A様ハチロクの最後の作業

キャリパーのオーバーホール

見た目はそれなりでしたが、やはりフロントの片側が固着気味でした

パッドの片減りが分かると思います

原因はスライドピンの固着

この部分の動きが渋くなるとパッドの片減りが発生します

ピストンが固着すればブレーキ踏んだ時にハンドルが取られるので分かりますが、この部分は点検しないと分かりません

ピストンも錆気味でしたが、こちらは磨けば対処できる範囲でした

リアは錆は有るのものの特に問題無し



分解終えて、いつも通りブラスト後にリペイントして組み付け

スッキリ綺麗に!

これでブレーキも安心ですね!



あっ!

後、合わせてこっちもオーバーホールしました

出来れば一緒にオーバーホールしてあげると良いですよ

ブレーキタッチ変わりますよ!