日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

エンジンルーム錆補修

ハチロクでありがちなエンジンルームの錆補修

パネルの構造上、水分が溜まりやすく、合わせてブレーキ配管密集地帯の為か、ここもよく錆ます
皆さんのハチロクは大丈夫ですか?

さて今回のA様のハチロクも
表面の錆なので内部ではもう少し進行してますよ、きっと。


カットすると


パネル作って


仕上げれば



反対側も

自ら補修したのでしょうか?
パテらしきものが塗ってありますが、錆そのものを排除しない限り、何をやっても無駄なんです。。。


カット


パネル作成


仕上げ




因みに、ここもよくある錆ですよね

ここはブレーキ液漏れの為に塗装が剥げて錆びている場合がほとんどです。
この場合は表面上の錆がおおいので、塗装と錆をとって錆止め処理してあげればOKです!

Racing Service YASU ~total tuning proshop~

栃木県にあるチューニングショップ「レーシングサービス・ヤス」の公式HPです 4AGをメインにオーバーホールからチューニングエンジン、また国産旧車エンジン修理・チューニングも対応致します ボディーワークも行っており、全ての作業を自社にて一貫して行えます