日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

フレーム撤去!

次の86も早速作業に取り掛かっております。

リアのメインフレームが腐ってるので、もちろん撤去しないことには始まりません。



酷い事になってました


ここまで来ると、ほぼ、フレームとのしての機能はしてないですね。
ただ、リアのフレームだったのが幸いだったのかもしれません。

メインフレームとなると、1枚の鉄板からの加工は難しいので、ドナー車より同じ部分を摘出してきます。

ここから、きっちり寸法を採って取り付けします。



ウチのバックヤードには車の興味の無い人から見ると、部品もなんも付いてないただのスクラップ行きのような86が数台あります。
しかし、このような作業時に使えるので、やはり簡単には解体屋行きには出来ないんですよね・・・


スクラップ車も無くなれば、スペースも広がるんだけどね・・・