日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

ジムニー ハブ・ナックルOH

エンジンのOHと一緒にハブ・ナックルのOHの作業依頼をうけましたので
エンジンが出来る前に作業しました。


案外、この手の作業は時間のかかるんですよ。

まずは、状態をみてバラします。






見た感じ、ハブはきちんとグリスも詰まってるし、問題なさそうです。
ベアリングは多少ごりってました。
どちらにしても、全部部品交換になるんで問題ないんですがね。

ハブをとって、ナックル部へ突入。


こちらもグリスはきちんと詰まってました。
しかし、ハンドルを左右に切ると、なんだか動きが悪い。
カクカク動くというか・・・
この手は、どこが悪いかは大体判断できますね。

原因はコレです。


キングピンベアリングが・・・・

サビだらけ・・・
洗浄してみると・・・

サビで完全ロックしてました。
左右4か所全部。
これじゃ、まったくベアリングの意味をしてません。

もちろん、全部交換。




ハブもベアリング・オイルシール交換です。



ナックルも全部洗浄して、グリスも詰めて。



問題なく、作業完了。


後は、エンジン載せ終わったら試走しますね。


あっ!後、作業中に気付いた事。

わかります?

なぜかブレーキホースをインシュロックで固定してあって、ハンドルを切るとパツパツ。


非常に危ないんで、もちろん、直しておきました。

Racing Service YASU ~total tuning proshop~