日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

ベレット不調の巻き

先週かな?先々週か?
引き取りに行ってきたんですよ。千葉県まで、このベレットをね。


エンジンが掛からなくなってしまったとのSOSで。

ご覧の通り、車検やら違う車の作業でピットは一杯で、青空ピットでの作業です。



そんな事で、他の作業で終われてて、やっと作業できました。

古い車ですから、構造は簡単な訳で、エンジンが掛からない原因は分かりました。
点火系不良でした。
どうやらイグニッションコイルのパンク。

点火系を一通り点検して、コイル交換。

和光テクニカルのクラッシクコイル。
近くに支店があって、いつも贔屓にしてもらってるので、部品も在庫が有ればすぐ調達できたりします。

燃料も純正方式のままで不安もあったので、電磁式ポンプへ変更しました。


もちろん、これでバッチリ始動!


あと、ホイールも交換してと頼まれてたので交換。

やっぱり旧車はワタナベ!?

「ホイールぐらい自分で交換すればいいじゃん!」なんて、前に社長がお客さんと話ししてたみたいなんですが、
なんだか車高が低くてタイヤが取れない?んだって。

何で?と思いつつ、自分でやってみて納得。
ストロークの短いショックに変えてあって、それに相まって、ベレットの特徴とも言えるリアフェンダーの形。
タイヤが当たって抜けない?取れない?んですわ。

まぁ、タイヤのエアー抜けば外れたんですけどね。
ワタナベの方はギリ普通に入りましたよ。

で、全部作業終了~。


ガラッ!っとイメージが変わってかっこよくなっちゃいましたね!

やっぱいいね!旧車は!