日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

かわいいエンジン♪


エンジンO/Hで入庫のジムニー。
エンジン降ろし作業です。



JA22ジムニー。
自分も乗っている型のジムニーで、今までのジムニーと形は大して変わらないものの
足廻りがリーフからコイル式に変更になり、エンジンもシングルカムSOHCからK6AツインカムDOHCエンジンが積まれました。

しかしながら、この初期型K6Aエンジンに多いトラブルでEXバルブが材質不良なのかバルブ自体が減ってしまうんですよね。
結果、バルブが減ったことにより燃焼室より圧縮漏れを起こしてエンジン不調になる場合が多いです。

今回も、この症状の香りがプンプンです。。。

ヘッドOHのみで直るのですが、距離も走ってますし、これから先も長く乗るとの事でしたので、
腰下も含め、エンジンOHをご提案しました。


で、エンジン降ろしまして、分解です。




腰下もばらして正解でした。


クランクメタル・コンロッドメタルも結構ダメージを受けていた様子。

シリンダーもクロスハッチ目は残ってるものの、大きな傷も無く、ホーニングすれば使えるでしょう。

肝心のヘッドの様子は・・・

ばらしましょう。


やっぱりね。

バルブのアタリ面が均等にあたってない。
正常なら、アタリ面は均等に光ってますけど、良くみるとあたって光っている場所と、圧縮漏れを起こしてあたって無く、すすけている所があります。
これが、今回のエンジン不調の原因です。

もちろん、排気バルブは全部新品交換。
品番が変わって、対策品がメーカーより出てきます。


さて、これから洗浄です。

では!