日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

夏に多い、この仕事

それは、エアコンの修理依頼( ´_ゝ`)ノ

今回は、このお車


JA11ジムニー
自分の友達で以前にウチでカスタムしてあげたジムニーなんですけどね

なぜか、11のジムニーって、まともにエアコンが効いてる車ってあんま見た事ないっすね

暑くて乗ってられないと言う事で修理依頼です

早速、症状を聞くと・・・
・ガスを入れても数ヶ月で抜けてしまう。
・効きがよろしくない。
・風量が弱い。

聞いた感じでは、全ての症状は何が原因かは特定できますね

ガス漏れは、エアコン配管のジョイント部分のOリングが古くてダメになってる為ですね!



風量が弱い、効きが悪いのは、コレね!

どうです?このホコリ!
86よりジムニーの方が年式は新しいですが、この汚れ!
86でも、大体はこんな感じですよ!
ここから、室内の空気を吸う訳ですから、この汚れじゃ、まともに空気も流れないのわかりますよね?
結果、風量が弱くなる訳ですね!

見せない方が良かったかなぁ~
構造的に言うと、ココのフィンの間を通って空気が冷やされて、吹き出し口から出て、皆さんへ風が行く訳です!

・・・と、言う事は。
「あぁ~涼しい~!」なんていって浴びてる、その空気!
ここで冷やされた空気ですからぁ~!残念!(古いって(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!)

なんか、ぞっとするでしょ!
でも、それが現実なんです

よく、カー用品店などで、エアコン洗浄剤だの売ってますよね?
あれって、自分的には効くとは思えないんですが・・・

さて、こんな物を見ていても仕事が進みません

綺麗に洗浄してやれば、ほらっ

どう気持ち良くなったでしょ

後、この部品も交換ね

これ、重要!
「エキスパンションバルブ」
このバルブでガスの量を調整していて、エアコンを効かせてくれてます
大体、古い車は、ここのバルブが詰まってエアコン効かない車が多いですね!
まぁ、もちろん他にも原因はあるのですがね!

全部、部品を組みこんで、また元の場所へ戻して。



エアコンガス充填して作業完了です

これで、当分は快適に運転できるでしょう