日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

ようやく、揃いました!

ロッソコルサで塗装した86の部品が揃いました

そう、それはこの部品

FRPリアゲート
お客様のご希望で、ここのメーカーさんのゲートです


メーカーさんの方の手違いで納期が遅れており、ようやく到着しました
これが無くて、残りの塗装が出来ない状況でした

早速、作業に取り掛かりまぁ~す

下処理中。

ボンネットも下処理中。
ボンネットはカーボンなんですが、表面のクリアが剥げてしまったので、贅沢にも、カーボン柄では無く、ロッソコルサ同色で塗装します

剥げた部分のみを補修できないので、ご覧の通りに、全てのクリアを剥がしてからの作業です。


剥がしたクリア。。。

何気に地味に大変です。


塗装後です

これで、やっと塗り物が終わりましたぁ~


ここ最近の傾向として、86の全塗装などの場合は、リアゲートをFRP製に交換する方が多いようです。
やはり、86で錆びの泣き所の一つにリアゲートがありますから、FRPにすれば錆びの心配からは開放されますからね~

ただ、注意して欲しいのは、FRP製品の性質上、出来の良し悪しがあります
今までの経験を元にすると、値段の安い物・無名な物は最悪です。
まともに付かないなんてこともしばしば。
それを付けてくれなんて言われると、ウチとしても、非常に困る作業です

今回使用したメーカーさんのは、出来も良いのでウチでもお勧めできますよ
でも、やはりFRP製品ですので、純正とまるっきり同じ精度とは行きませんがね。微妙~なRやエッジなど
その辺を気にする方であれば、純正品をお勧めします