日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

本日の作業


今日の午前中は、納車のお客さんがいたので、お客様の車で駅まで迎えに行ってきました。
なんか、天気も良かったのでパチリ
先日のブログで紹介させていただいた、下廻りの防腐塗装を行った車です。
他にも作業が有って、お客さんのご予定と合わせ、無事本日納車させていただきました

さて、午後はピットでF50シーマの作業をしていました


えっ
ウチには珍しい車だって

いえいえ、そんな事はありませぬ
チューニングカー以外でも、このようなお車の作業も致します

入庫の理由は、車高ダウンによる足廻りの異音と不快な乗り心地改善の為。
乗り心地の悪さは、試乗してみてショックの底突きと即原因はわかりました

お客様に話を聞くと、某カーショップでダウンサスを組んでもらったとの事。
ダウンサスを組む場合は、ショックのストロークが短くなるので、純正のバンプラバーでは長すぎてショックの底突き症状が出るので、バンプラバーのカットや交換が必要な場合が多いのですが、その辺を聞いても分からないという事でした
なので多分、バンプラバーは交換せずにスプリングのみを交換し、原因はバンプラバーの問題かと思いました
そうなれば、バラして確認となる訳です

で、バラした部品がコレ


えっ
バンプラバー、ショートタイプに交換されてるじゃないですか
んじゃ、なんで底突きしてるの
まぁ、考えても仕方ないので、ダストブーツを取った状態で組んで戻してみることに

これが、ジャッキアップして伸びきってる状態



これ、車を下ろした状態

車高が低いので、うまく写真が撮れずに申し訳ないですが、なにコレ
ほとんど、バンプラバーがどっついてるじゃないですか
これじゃ、ストローク量がほぼ「0」ですから、乗り心地もへったくれも無いですわ
スプリングは、ほぼ機能せずに、バンプラバーのゴムのショックだけで走ってる状態ですもん



これを見て自分が思ったのは、どこのメーカーとは書きませんが、このスプリングメーカーがこれで堂々とこの製品を売ってるのに疑問を感じました
念のため、直接メーカーに問い合わせてみても、「乗り心地を良くしたければ、車高を上げてノーマルにしてもらうしかない。」
「ダウンサスなので、こんな感じの乗り心地です。」だって
話にならないので、「わかりました」と言い電話を切りました
「耐久性、乗り心地を最優先!」なんてうたい文句で販売していて、この商品。この対応。

作業に戻り、これを改善するといっても、今の状態ではどうにもなりません

この後、お客様に色々と提案をし説明させていただきました。

確かに、ローダウンスプリングは手ごろな値段で買えて、車高も落ちて、車もカッコ良くなりますけど、こう言う落とし穴も有ると言う事です。

もちろん、全てのメーカーがこうとは限りませんけどね