日々の作業、お客様の作業経過報告として掲載しております

86 パワステのオイル漏れ修理

先週、お客様より車を修理依頼でお預かりしました。
何と、驚きの30万キロオーバーの86です!



修理内容は、パワステのオイル漏れ修理と、フロント足回りからの異音とこのとでした。

まず、パワステのオイル漏れから。

行きと戻りのホースが老化の為にオイル漏れを起こしていました。

外してみるとこんな感じ。



アップ。

ホースが擦れていたようで、ご覧の通り、穴空く寸前です。
ここから漏れていました。

新品へ交換。



タンクも洗浄し、バンド類も全て新品に変えました。

新しいパワステオイルを入れ、エア抜きして、パワステの修理は完了です。

後は、異音との事でしたので、試走して確認してみましたが、特にフロント周りからは異音はしない。。。
異音はしないものの、試走中に、何かハンドリングの違和感を感じる。
会社へ帰り、確認。
すると、タイヤを揺すった時のガタが凄い。
縦方向に揺すってガタが有る場合は、ハブ関係の不具合が多いが、縦方向は特に問題は無い。
しかし、横方向に揺すると、すごいガタ。

原因を調べると、コレが原因でした。

ラックエンド。
ここが、かなりのガタがありました。

これも、交換となりました。
只今、部品待ちです。